2010年12月10日金曜日

Rhino OS X Wenatchee 5 Build 2010-12-08

現在開発中のRhino OS Xが、Windows版V5WIPと同内容のビルドをリリースしました。

今回のビルドはWindows版V5WIP2010-12-07に基づいて作成されています。OS X版V5はIntel32&64bit、及びPowerPC(32bit)をサポートしており、Core 2 Duo以降のインテルプロセッサーでは自動的に64bitモードで起動します。
OS X版Rhinoはしばらくの間V4モジュールは残しますが、今後の改善・開発は全てV5で行っていきます。

注意:
インストールにはMac OS X 10.5(Leopard)または10.6(Snow Leopard)が必要です。
現状PythonScriptは64bitに対応していないことから、使用に際しては32bitモードに切り替える必要があります。(Rhino32&64bitモード切り替え方法)

皆さまからのフィードバックお待ちしています。

2 件のコメント:

秀幸 さんのコメント...

早速ダウンロードをしてみました。
そこで質問なのですが、日本語の設定にはできるんでしょうか?
よろしくお願い致します。

admin さんのコメント...

Windows版Rhino5.0WIPも現状英語表示のみとなっており、今後の開発進捗でWindows版が他各言語対応した後に、RhinoOS X版も対応する予定です。(4.0は既に日本語表示対応しています。)

次の投稿 前の投稿 ホーム