2010年12月9日木曜日

3Dプリンティング by マテリアライズ

Rhino/Grasshopperの組み合わせでモデリングしたものを試作する方法の一つに3次元プリンターがありますが、Rhinoモデルのデータ出力サービスを行っているアイマテリアライズ(i.materialise)でモデル出力をしてもらいました。
   

左側がRhinoのモデル、右側が出力したもの。実寸、120m、24階建てでモデリングされていますが、1/500のスケールで試作、高さは24cmです。製作コストはこのサイズで、¥30,000以下。


興味がある方は、下記Webサイトへ。


2 件のコメント:

imaterialise さんのコメント...

オンライン3Dプリンティングサービスi.materialise(アイマテリアライズ)日本担当です。
掲載ありがとうございました。このように、Rhinoceros+Grasshopperでアルゴリズミックデザインによる3Dデザインされたものは、
3Dプリンティングにより、そのままスケールモデルを作っていただくことで、パースだけでなく、立体物でそのデザインをより多面的に表現することができます。
Rhinoceros用プラグインにより、Rhinocerosからそのまま3Dプリントを注文できます。
<プラグインダウンロード>
http://i.materialise.com/Downloads/3DPrintRhinoSetup.msi
ぜひアルゴリズミックデザインの活用にお役立て下さい。

imaterialise さんのコメント...

オンライン3Dプリンティングサービスi.materialise(アイマテリアライズ)日本担当です。
掲載ありがとうございました。このように、Rhinoceros+Grasshopperでアルゴリズミックデザインによる3Dデザインされたものは、
3Dプリンティングにより、そのままスケールモデルを作っていただくことで、パースだけでなく、立体物でそのデザインをより多面的に表現することができます。
Rhinoceros用プラグインにより、Rhinocerosからそのまま3Dプリントを注文できます。
<プラグインダウンロード>
http://i.materialise.com/Downloads/3DPrintRhinoSetup.msi
ぜひアルゴリズミックデザインの活用にお役立て下さい。

次の投稿 前の投稿 ホーム