2014年4月15日火曜日

Rhino、Maxwell Render 解説ビデオご紹介

Rhinoユーザー様が制作された、RhinocerosとMaxwell Renderの
講習ビデオをご紹介します。

動画の一覧は、こちらよりご覧いただけます。

なお、ご紹介の講習ビデオは、京都嵯峨芸術大学 楠林様が、
CAD習得の授業のために制作された教材ですので、
講習の内容に関するご質問は受け付けいたしておりません。
あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。


☆☆☆ アプリクラフトからのお知らせ ☆☆☆
★ Rhinoトレーニング・セミナー 春の新コース お申込み受付中!
・ 「3Dプリンタ出力前のワンポイントアドバイス」
・ 「Grasshopperトレーニング」
★ ライノセラス関連書籍 絶賛発売中!
「Rhinocerosで極める 3Dデジタルデザイン」
「Grasshopper入門」



2014年4月3日木曜日

スタンドアロン・レンダラー「nXt Studio」プロトタイプ公開中。

現在ライノ開発元では、単独で動作する、スタンドアロン形式の
レンダリングツール「nXt Studio」(エヌ・エックス・ティー スタジオ)を
開発しており、そのプロトタイプを公開しています。

「nXt Studio」は、新しいレンダーエンジンやマテリアルモデルに加え、
常にレンダリングを行う"プレビューウィンドウ"を用意。(画面左上)
ビューやマテリアル、光源等、設定内容の変更を、即座に確認できます。
video

また、設定したレンダリングから、静止画も生成できます。
現在「nXt Studio」は、Rhinoファイル(*.3dm)のほか、OBJ形式や
SketchUp(*.skp)形式を読込み可能です。
「nXt Studio」プロトタイプのインストールプログラムは、
開発元のこちらのページよりダウンロードできます。

なお、「nXt Studio」は現在、ごくごく初期のプロトタイプのため、
地平面や透明度等、すべての機能が用意されておりません。

また、動作におきましても不安定な場合もありますので、
ご試用いただく前に、必ずモデルのコピーをご用意ください。

製品化に向けて、皆様のご意見ご感想をお待ちしております。




2014年3月3日月曜日

Rhinoトレーニング/セミナー2014 春 ~新コース開講~ お申込受付中


アプリクラフト主催 春のRhinoトレーニング/セミナーは、
Rhino1日スクール「速習コース」リニューアルのほか、
Grasshopper、3Dプリンター向けのコースを新たに開講します。

2014年4月~6月開催の各コースをお申込み受付中です。

「Rhinoを習得したい」(集合トレーニング)
★ 開発元認定コース: Rhinoトレーニングの世界標準
  ・「基礎モデリング」 - 3日間 (6時間 x 3)
  ・「アドバンスモデリング」 - 3日間 (6時間 x 3)
★ Rhino1日コース: お忙しい方や独学で始めたい方にオススメ!
  ・「速習!3次元モデリング入門」 - 1日 (6時間)
★ "グラスホッパー、はじめました。"  - 3Dデジタルデザインの新たな世界へ
  ・「Grasshopperトレーニング」 - 2日 (6時間 x 2) 

「3Dデータを活用したい」(集合セミナー)
★ 3Dプリンター用データ製作のヒントをご紹介!
  ・「3Dプリンタ出力前のワンポイントアドバイス」 - 半日 (3時間)

「Rhino導入を検討したい」(体験相談会)
★ アプリクラフト体験相談会「RhinoCafe」(ライノカフェ)
 RhinoCafeは、ライノセラスをはじめ、弊社取扱製品
 「体験セミナー」と「個別デモによる導入相談会」です。

各コース 開催日程及び詳細は、こちらのページをご覧ください。

☆☆☆ アプリクラフトからのお知らせ ☆☆☆
ライノセラス関連書籍 絶賛発売中!
「Rhinocerosで極める 3Dデジタルデザイン」
「Grasshopper入門」 (2014年3月7日 発売)



2014年2月18日火曜日

RGSS 第43回

RGSS第43回へのご招待です。
(RGSSは大野友資氏と舘知宏氏が主宰する、毎月、建築、プロダクト、メディア・アートなど、様々な分野からゲストを迎え、コン ピュテーショナル・デザインについて日本における最先端の情報を交換し合う勉強会系ワークショップ的イベントです。)

今回は、現在設計において当たり前のように使われている構造解析ソフトやツールがどうやって発展してきたか、そしてこれからどうなっていくのか。その歴史を紐解きながらプレゼンテーションしていただきます!更に今回は3Dプリンターに関連する話もしていただく予定です。学会やセミナーとはひと味違う、RGSSならではのざっくばらんなディスカッションになると思いますので、少しでもご興味のあるかたは是非ご参加ください!

2月の第3金曜日2月21日に、Fabcafeのイベントスペースにて開催します。

リンク先のページから、指示に従って予約をしてください。

httfabcafe.com/join/w00041_001p://

○プレゼンター
石井恵三(株式会社くいんと代表取締役社長)
構造解析プログラムの研究・開発者。独自のソフトウェアを共同開発する傍ら、年1回、多くの権威や専門家たちの講演を通して計算力学、CAEの最先端の研究、情報をビジネスに関係なく発信する「くいんとセミナー」を開催するなど、領域の発展にも貢献している。

株式会社くいんと
http://www.quint.co.jp/
  
○プレゼンテーション  
-1956年に発表されたボーイングのターナーらによる直接剛性法の論文は、現在どこでも使われている有限要素法の元と言われる。この便利な手法は、コンピュータの発達と歩調を会わせるように大きく発展し、計算力学(Computational Mechanics)という学問を産み出し、またCAE(Computer Aided Engineering)という哲学をも産み出した。この中で要となる技術、構造最適化もまた1960年にシュミットにより近代的な構造最適化の方法が提示され、その後1988年にベンゾーと菊池が連続体のトポロジー最適化の概念を示してからは、概念設計プロセスにおける構造形態創成が一気に加速した。近年、この技術を生かす3Dプリンターの大幅なプライスダウンにより、トポロジー最適化技術は現実のものとなりつつある。-

構造解析の歴史を通して、これからの応用例を紹介していく。
■日時:2014.2.21[金]19:00-21:00
■会場:Fabcafe(東京都渋谷区道玄坂1-22-7道玄坂ピア1F)
■主催:RGSS 
■協力:Fabcafe, noiz architects
■参加費:1000円(ワンドリンク+フィンガーフード付き


@applicraftをフォロー

2014年1月31日金曜日

ディプロス社主催 低価格・高精度3DスキャナーとRhino用プラグインご紹介セミナー

ディプロス株式会社は、来る2014年2月7日(金)に、東京・八重洲において、
「低価格・高精度3次元スキャナーとRhinoceros用プラグインのご紹介セミナー」
と題して、セミナーを開催いたします。

◆ セミナーのご案内
 低価格・高精度非接触3次元スキャナーのご紹介と、スキャンしたポリゴン
データを使って、サーフェスやソリッドに置き換える手順をご紹介いたします。
また、3Dスキャナーを活用することで、どのようなメリットを得られるのか。
そして、ものづくりの工程がどのように変化するのか。3Dスキャナーの活用
方法を解説します。

 今回は3Dスキャナーの活用方法をはじめ、3次元スキャナー入力~モデリング
~3Dプリンタ出力までの工程を、実際にご覧いただけるセミナーです。

◆ セミナー概要
・ 主催: ディプロス株式会社
・ 開催: 2014年 2月 7日(金) 12:30~16:00
・ 入場: 無料/事前登録制
・ 会場: アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 603号室
             〒104-0032 東京都中央区八丁堀 1-9-8 八重洲通りハタビル 6F

■ お申込み・お問い合わせ先: ディプロス株式会社



前の投稿 ホーム