2016年4月12日火曜日

ミラノサローネ 2016

明日(4/12)よりミラノサローネが開催されます。
アプリクラフトは今年もデザイナーの方々が参加されるExperimental Creationsのミラノでの展示を支援させてもらいます。
ミラノに行かれる予定のある方は、是非、Ventura Lambrate エリア内 “Via Privata Oslavia 1”
にお越しください。
Rhino/Grasshopperによる若いデザイナーの方々の実験的な作品が展示されます。
==> 詳細



























搬入後のイメージ



2016年2月26日金曜日

よりカンタンに、より高品質に ~ Rhino用最新レンダラー発売中!

Rhino開発元製レンダリング作成プラグイン「Flamingo nXt 5」 
(フラミンゴ エヌ・エックス・ティー 5)がリリースされました。
Windows版Rhino5 SR12以降(64-bit版のみ)上で動作します。

◆ 主な新機能
・ Flamingo RT(リアルタイム)パネル
   レンダリング結果のプレビューを素早く表示。
    「RTパネル」でレンダリング設定中のモデルを表示。
 
・ Rhinoレンダリングツールと統合
   Rhino標準レンダラーと同じ設定画面を使用、
   また各種レンダリング効果ソフトエッジディスプレイスメント等)に対応。
    「曲線パイプ」効果。曲線にメッシュでパイプ形状を生成。

・新しいレンダリングエンジン「ハイブリッド」搭載
  従来の「デフォルト」と「パストレーサー」を組み合わせたエンジンを搭載。

そのほか「nXt 5」の新機能は、こちらをご覧ください。

◆ アップグレード情報
「Flamingo nXt」をお持ちの方は、無償で「nXt 5」にアップグレードできます。
※ 「nXt 5」とFlamingo旧バージョンは、同じPCでご利用でき、
  使用するバージョンを切り替え可能です。

アップグレードのお手続きはこちらをご覧ください。


Rhino/Grasshopper/Mac版Rhinoスクール2016 春 お申込受付中!











アプリクラフト主催 Rhinoトレーニングとセミナーの
2016年4月~6月各コースのお申込み受付中です。

「Rhinoを習得したい」(集合トレーニング)
★ 開発元認定コース: Rhinoトレーニングの世界標準
  ・「基礎モデリング」 - 3日間 (6時間 x 3)
  ・「アドバンスモデリング」 - 3日間 (6時間 x 3)
★ 1日コース: お忙しい方や独学で始めたい方にオススメ!
  ・「速習!3次元モデリング入門」 - 1日 (6時間)
★ Macで3Dモデリングを始めたい!
  ・「MacではじめるRhinoceros入門」 - 1日 (6時間)
★ グラスホッパー習得コース: 3Dデジタルデザインの新たな世界へ
  ・「Grasshopperトレーニング」 - 2日 (6時間 x 2) 

「Rhinoを体験したい」(体験セミナー)
★ グラスホッパーって何?どんなことができるの?
  ・「Grasshopper体験セミナー」 - 半日(3時間)

「Rhino導入を検討したい」(体験相談会)
★ アプリクラフト体験相談会「RhinoCafe」(ライノカフェ)
 RhinoCafeは、ライノセラスをはじめ、弊社取扱製品
 「体験セミナー」と「個別デモによる導入相談会」です。

各コース 開催日程及び詳細は、こちらのページをご覧ください。

☆☆☆ アプリクラフトからのお知らせ ☆☆☆
Rhino用最新レンダラー「Flamingo nXt 5」リリース!新機能はこちらから。


2016年2月18日木曜日

3Dミライデザイン 出演

来る2016年3月17日(木)にDMM.make AKIBA(東京・神田)において、アルテアエンジニアリング株式会社が主催する「3Dミライデザイン」に弊社創設者である中島が出演いたします。ユーザー事例、ソフトベンダーのディスカッション、3Dプリントビジネス企業の対談と充実の内容です。皆様お誘いの上、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。
日時:2016年3月17日(木)18:30~21:00 (開場:18:00) 
会場:DMM.make AKIBA 12Fイベントスペース 東京都千代田区 神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル
定員:150名
入場: 無料 
詳細・申込:こちら 

2015年12月10日木曜日

最新Rhino用レンダラー「Flamingo nXt 5」ベータ版公開中

Windows版Rhino5用レンダリング作成プラグインツールの
フラミンゴ新バージョン「nXt 5」が現在開発中です。

※ 上のレンダリング画像の情報
画像生成時間: 5分26秒(46パス, 1280 x 960 pixel
レンダーエンジン: Default
PC: Intel Xeon 3.5GHz, 8GB RAM, NVIDIA Quadro K2000
OS: Windows 7 Professional SP1 (64-bit)
Rhino5: SR12 64-bit (5.12.50810.13095, 2015/08/10) 
Flamingo nXt 5ベータ:  5.0.15299.10373

◆ 主な新機能
・ Flamingo RT(リアルタイム)パネル
レンダリング結果のプレビューを即座に表示するパネルを追加。
マテリアルや環境、ビューを調整しながら、レンダリング設定が可能。

・ Rhinoレンダリングツールと統合
Rhino標準搭載のレンダリング機能と統合され、同じ設定画面を使用、
また各種効果(ソフトエッジ、ディスプレイスメント等)にも対応。

・ "デフォルト"と"パストレーサー"のハイブリッドレンダリングエンジン搭載
従来のデフォルトとパストレーサーのレンダリングエンジンに加え、
それぞれの良さを組み合わせた"ハイブリッド"エンジンを搭載。

その他、新機能は、こちらをご覧ください。

◆ インストール方法
※ 「nXt 5 ベータ版」のご試用には、Rhino5サービスリリース12をご利用で、
     Flamingo nXtがインストールされている必要があります。

1) インストールファイルのダウンロード、ライセンスキーを取得。
     こちらのページで、「メールアドレス」「Flamingo nXt ライセンスキー」を入力。
     ※ 入力したアドレス宛に、開発元より、「Flamingo 5 Betaへようこそ」という件名のメールが
         送信され、ファイルのダウンロードリンク、専用のライセンスコードが記載されています。

2) ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールを開始。
   ファイルの起動後、[Next]ボタンをクリックして先へ進め、
     「Installation compeleted successfully」のメッセージが表示されたら、
     [Close]ボタンをクリックして終了。
    ※ インストール前に、すべてのRhinoを終了してください。

◆ 起動方法
1) Rhinoを起動。
2) レンダリングメニュー>現在のレンダラー>Flamingo nXt 5.0 を選択。
    ※ nXt 5のコントロールパネルは、「Flamingo nXt 5.0」メニュー以下にある、
        「コントロールパネルを表示」を選択。



前の投稿 ホーム