2014年4月3日木曜日

スタンドアロン・レンダラー「nXt Studio」プロトタイプ公開中。

現在ライノ開発元では、単独で動作する、スタンドアロン形式の
レンダリングツール「nXt Studio」(エヌ・エックス・ティー スタジオ)を
開発しており、そのプロトタイプを公開しています。

「nXt Studio」は、新しいレンダーエンジンやマテリアルモデルに加え、
常にレンダリングを行う"プレビューウィンドウ"を用意。(画面左上)
ビューやマテリアル、光源等、設定内容の変更を、即座に確認できます。
video

また、設定したレンダリングから、静止画も生成できます。
現在「nXt Studio」は、Rhinoファイル(*.3dm)のほか、OBJ形式や
SketchUp(*.skp)形式を読込み可能です。
「nXt Studio」プロトタイプのインストールプログラムは、
開発元のこちらのページよりダウンロードできます。

なお、「nXt Studio」は現在、ごくごく初期のプロトタイプのため、
地平面や透明度等、すべての機能が用意されておりません。

また、動作におきましても不安定な場合もありますので、
ご試用いただく前に、必ずモデルのコピーをご用意ください。

製品化に向けて、皆様のご意見ご感想をお待ちしております。




次の投稿 前の投稿 ホーム